配送無料*

保証

ハンターブーツの保証

弊社の製品は、革新的なデザインと製造技術を用いて、高品質の素材で作られています。我々は商品に誇りを持ち、ほとんどの製品に商品ご購入日より12ヶ月の保証を提供しています。ただし、クリアランス商品ならびにアウトレット商品の保障期間は3ヶ月となりますので、ご了承ください。なお、商品保障の対象は、日本国内の正規取引店でご購入された商品のみです。

弊社の商品は素材の特性上、原則として修理を承ることができません。

ハンターのウェリントンブーツは、現代技術と伝統工芸の技術を組み合わせ手作りされています。我々は熱帯プランテーションのゴムの木から取り出した100%天然素材を使用しています。これらの理由から、ハンターのブーツはそれぞれ独特のものであり、見た目にばらつきがあることがあります。これらは決してブーツの性能に影響を及ぶものではなく、ハンターの特徴とも言えるものです。

製品の修理をした場合、自動的に保証が無効になり、製品は返品の対象になりません。修理や交換部品の提供は行いません。

払い戻しは、当社のウェブサイトwww.hunterboots.com、リージェントストリート店、および銀座店を通じて購入された製品についてのみ、行うことができます。

認可された小売店のいずれかから購入された製品については、販売契約は小売店と締結されていますので、小売店に問い合わせてください。

申し訳ございませんが、認可されていない小売店によって購入された商品について、保証請求を行うことはできません。 ハンター製品を保証期間内に交換しても保証期間が延長されることはありませんのでご注意ください。

この保証は、ハンター製品の通常の使用による摩損、摩滅、傷みには適用されません。この保証は法定の権利には影響しません。

製品の返品の詳細については、こちらの返品セクションをご覧ください。https://www.hunterboots.com/jp/ja_jp/returns-information/

ケア情報セクションにて、製品のお手入れ方法を説明しています。

ハンターご着用時の注意

ハンターのゴム製フットウェア商品は、様々な目的に合わせて設計されています。 一部の商品は一般的用途ではなく、軽快なファッションウェアとしての用途にしか適していません。 詳細情報は、hunterboots.comの商品詳細説明に記載されています。 中程度から本格的なアウトドア用途には、ハンター・バルモラルレンジがおすすめです。 乗馬用には、バルモラル・イクウェストリアンをおすすめします。

ハンターフットウェアが正しく履き心地が良い方法でフィットするように、ハンターゴム製ブーツおよびフットウェアとの併用に適したソックスをご着用になることをおすすめします。 ハンターでは様々なソックスとインソールを取り揃えており、オンラインストアやハンター正規取扱店でご購入いただけます。

最適なスタイルの靴やフットウェア付属品の選択に関してさらにアドバイスが必要な方は、ハンター正規取扱店または弊社カスタマーサービスチームまでお問い合わせください。

ゴム製ハンターブーツのお手入れ方法

お持ちのゴム製フットウェアを長く良好なコンディションに保つために、ご使用後はぬるま湯で拭き、自然乾燥させてください。 お持ちのゴム製フットウェアを最高の外観に保つため、ハンターのケア商品をご使用になることをおすすめします。 フットウェアはすべて、熱源や過度な低温、日光を避け、涼しく湿気の少ない場所に保管してください。 折り畳んだり、しわが寄った状態で保管しないでください。 ハンターの天然ゴム製フットウェアには、白いパウダー状の被膜が張る「ブルーミング現象」が生じることがあります。これは、ブーツに天然素材のゴムが使用されているために一定の条件下で不溶性粒子が表面上に浮き出す現象です。 上質な天然ゴムの性質としてこのような現象はよく起こることですので、まったく問題はありません。

また、この現象はブーツの機能や耐久性に影響を与えるものではありませんので、ご安心ください。 マット仕上げの商品は、ハンターブーツバッファまたはインスタントブーツシャインを定期的にご使用になることで、元通りの艶を取り戻すことが可能です。これらのキットは、ハンター販売店やハンターオンラインショップからご購入いただけます。 ハンターブーツバッファは、メタリック仕上げのフットウェアには適していません。

ご注意事項

ソールは継続使用すると滑りやすくなりますのでご注意ください。 また、溶剤、油剤、動物性油脂が付着するとゴムが膨張し、滑りやすくなります。 ハンターブーツは天然ゴム製のため、ゴムアレルギーの方にアレルギー反応が生じることがございますのでご注意ください。 長いトリムの付いたフットウェアやアクセサリーは、機械付近での着用に適しません。