ガバナンス

ハンターは、コーポレートガバナンスとビジネス倫理のベストプラクティスを達成し、 企業責任を働き方に取り入れるために尽力しています。 ハンターは非公開企業で、主要株主は2社です。 未公開株式投資会社のサーチライト・キャピタル・パートナーズは2012年以来、過半数のハンター株を保有しています。 一方、世界的なスポーツおよびファッションブランド管理会社のペントランド・グループは、 2007年以来の株主です。

コーポレートガバナンス

ハンターの取締役会は、非業務執行取締役と主要株主2社の代表者で構成されています。 取締役会は年最大5回開かれ、会合には最高経営責任者、最高財務責任者など 会社の主要責任者も出席します。 監査委員会および報酬委員会の2つの取締委員会は、 さらに2回の会合を持ち、内部財務管理は年に1回、 外部監査機関プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の検査を受けています。


企業倫理

私たちは、ハンターに価値観に基づいた企業文化を創造することを目指しています。 ハンターは、賄賂防止、腐敗防止、競争法などの分野において明確な方針を実行し、主要な従業員を対象にこれらに関する定期的なトレーニングを行っています。


企業責任のマネジメント

ハンター取締役会および主要株主は、事業に対するあらゆる環境、社会、ガバナンスのリスクを評価し、 倫理的取引などの分野における進捗状況を定期的に点検しています。


ハンターの企業責任担当マネージャーは、調達、商品開発、財務、運営、人事などの部署と連携を取り、 企業責任および倫理的取引の課題を日常的に管理する責任を負っています。 ハンターは、トレーニングや通常のコミュニケーションを通して、全従業員を 企業責任に対するハンターの取り組みに参加させています。